二見屋の歴史

二見屋の歴史は矢ケ崎村誌稿に書かれてありますように、江戸時代に遡ります。
だるま市こぼれ話にもありますように、先代は深大寺のだるま市、布田天神の天神市などで店を広げ鋸、鎌などを売っていた昔から続く歴史あるお店です。

調布いろはかるた(調布市発行)には「の」のかるたに、のこぎりは矢ヶ崎の手作りと書かれています。



矢ケ崎村1 矢ケ崎村1 矢ケ崎村1 矢ケ崎村1 矢ケ崎村1 矢ケ崎村1 矢ケ崎村1 矢ケ崎村1 矢ケ崎村1 矢ケ崎村1 矢ケ崎村1 矢ケ崎村1 矢ケ崎村1

※資料
▷ 矢ケ崎村誌稿
▷ 調布市郷土博物館 解説シートNo.5
▷ 読売新聞 2004年10月6日号